世界初の35mmフルサイズイメージセンサー搭載ミラーレス一眼カメラと謳われた初代α7(ILCE-7)。写真の楽しさを教えてくれた名機です。



2018年3月に、“フルサイズミラーレス”ベーシックモデルを名乗るα7 III(ILCE-7M3)=実勢価格22万円~が発売されましたが、初代α7 (ILCE-7)はフルサイズ機にしてはリーズナブルな実勢価格9万円~(最新価格はコチラ)で値下がり傾向。「これまではASP-Cでバリバリとっていたけれど、フルサイズに切り替えたい」といったユーザーはもちろん、 「これからカメラを詳しく勉強したい!」といったエントリーモデル的な立ち位置、それが初代α7 (ILCE-7)です。

実際に使ってみると、とにかく扱いやすい。シャッターボタンの前後に設けられた2種類のダイヤル操作で、マニュアルモード撮影時でも、F値とシャッタースピードを瞬時にコントロールが可能。露出補正ダイヤルも独立している上、コントロールダイヤルでISO感度やホワイトバランスも、手元を見ずに操作できます。さらに3つのカスタムキー、10種類のショートカットキーを自分好みに設定しておくことで、思いのままに操ることができます。

何より、本体重量約474gという軽さと小さなボディバッグにも入ってしまうコンパクトさ。
シャッターチャンスを迎えた瞬間に、ささっと取り出して機敏に撮影が可能です。

レンズに関しては当初は、標準で付いてきたレンズ=SEL2870(28-70mm F3.5-5.6)を使用していましたが、 2015年3月に発売されたSEL24240(FE24-240F3.5-6.3 OSS)を見つけてから、購入検討期間1ヶ月ののち、わりとあっさりSEL24240(FE24-240F3.5-6.3 OSS)を購入w。このレンズ1本で撮り続けました。

しかしこの頃は、まさか自分がレンズに10万円以上も投資するとは思ってもいませんでしたが、標準レンズをヤフオクで売却することも念頭においての投資でした。

SEL24240(FE 24-240F3.5-6.3 OSS)レンズの新品販売価格はコチラから。

SEL24240(FE 24-240F3.5-6.3 OSS)のレンズは
・レンズそのものが重い(780g)、
・近くに寄れない(=最短撮影距離 50~80cm)

といった部分をデメリットと感じ、受け入れられないというユーザーの声も耳にしますが、
僕自身の撮影スタイルにおいてはマッチしており、

・開放F値3.5でもフルサイズの効果でかなりボケてくれる。
・広角24mmは狙った景色を隅々まで映してくれる。
・240mmの望遠まで撮れるので、蝶やトンボなどの野鳥撮影の時に性能発揮。

といったデメリットを上回るメリットに合致し、他のレンズには見向きもしませんでした。
そもそも、初代α7(ILCE-7)は本体に手ぶれ補正機能が備わっていなかったこともあり、レンズ側に手ぶれ補正機能を備えた他の高価なレンズには手を出さなかった、という面は否めませんが(^^;

ここにアップしている写真のほとんどはSEL24240(FE 24-240F3.5-6.3 OSS)レンズで撮った写真ばかりです。
実際に撮った写真を見てみると、開放F値3.5~の写りでも素晴らしく、背景ボケも大きく美しく鮮やかに撮れています。

カメラ本体=α7(ILCE-7)の不満点を挙げるならば、オートフォーカスや連写が遅いのと電池の消耗が早いという点でしょうか。
オートフォーカス問題は、絞りやシャッター速度、露出でうまく調整してやらないとブレブレの写真になってしまいます。連写については、速度優先連続撮影モードで撮っても、最高約5コマ/秒。動くものは、ほぼ1ショット狙いで挑んでました。電池の消耗については予備バッテリー(NP-FW50)を1個持つことで解消はできていますが。中には予備バッテリー(NP-FW50)を2個持ち合わせている強者にも出くわしました。

これらのα7(ILCE-7)不満点は後に発売されるα7 III(ILCE-7M3)にて大幅な改善が見られますので、こちらでご紹介します。

参考までに、購入金額と売却金額のメモ。
標準レンズSEL2870は2015年6月頃にヤフオクで24,000円ほどで売却。
α7(ILCE-7)カメラ本体は、2018年4月頃にヤフオクで42,000円ほどで売却。

レンズと本体に使用期間に差はあるものの、
2014年にα7(ILCE-7)本体+レンズSEL2870のセットに長期保証を付けて約16万円で購入したことを考えると、
“ILCE-7K”の括りで考えると、約4年使って実質10万円以下で初代α7を楽しめたということになります。
→SONY α7(ILCE-7)の最新価格チェック
→標準レンズキットILCE-7Kはコチラ。
→標準レンズSEL2870(FE28-70F3.5-5.6OSS)はコチラ。
→広角望遠レンズSEL24240(FE24-240F3.5-6.3 OSS)はコチラ。
→α7III(ILCE-7M3)はコチラ。